未来をその手に掴むなら経理士を目指そう!

還付金請求で取り戻す

マネー

ショッピングローンや消費者金融業者の利用により、支払い過ぎた利息がある場合は、過払い金請求で取り戻す事ができます。多くの人が利用する名古屋なら、過払い金請求の経験が長く業績が高い事務所が多数あるため、安心できます。

View Detail

相続問題は専門家へ相談

お金

相続が発生すると、分割する割合などでもめてしまう場合がよくあります。そういった問題は長期化する場合も多いため、問題解決に役立ってくれる弁護士が必要です。相続専門の弁護士であれば実績が豊富で、複雑な問題であってもスムーズに解決していってくれます。

View Detail

プロに任せてみよう

男の人

横浜で相続に関する悩みを抱えている人は、士業を生業としている人に相談しましょう。弁護士や税理士がお勧めです。無料相談会やセミナーを開催することもあるので参加してみるのもいいかもしれません。税金や手続きなど、いろいろとスムーズにいきます。

View Detail

税理士の役割

女の人

数値で目に見えるように

会社が税務申告を行っていくうえで大切になってくるのは、まず経理をしっかりと行うことが必要になってきます。経理がしっかりとしていれば、正しい経営の指標となる数値を見ることができ、会社の経営状態を把握することが可能になってきます。経営者は自分の会社の内容をよく知っている税理士に経営の相談をすることで、数値で自分の経営が認識できるようになってきます。経理というのはお金を管理しているために、会社の性格が数字として表れてくるものです。税理士は会社と継続的に顧問契約をするという特徴がありますので、会社によっては税務以外の問題も多く出てきます。会社にとっていろいろな問題点を指摘して改善を進めるのも、税理士の役割になっています。

よきアドバイザー

会社は決算が終わって報告会が終了したら、次に次年度の事業計画を作成する必要が出てきます。毎年経営計画を実施していると経営者自らが経理を基に、経営計画を立てて役員を集めて経営計画などを開くようになってきます。ある程度会社で税理士が信頼されてくると、個人の問題も相談されるようになります。その中には当然事業継承の問題も出てきます。こういった相談は本来は税理士の業務ではありませんが、経営者が税理士に対するニーズからいえばこちらの方が高く期待もされています。会社の経理の指導から個人の問題までも相談されるようになります。税務的なことは税理士と経理の担当者で相談して問題なく業務を進めてほしい、経営を行っていくうえでよきアドバイザー的な存在がほしいと願っている企業経営者は数多くいます。